At Thu, 21 Mar 2002 14:29:14 +0900,
Taku Nakajima wrote:
> 問題は(2)の方ですが、もしユーザがこのアプリケーションを再配布しようと
> すると、そこでユーザの方が配布元になるので、いろいろな制約が発生します
> が、一般的にはユーザは自社専用のアプリを再配布しようとは思いません。再
> 配布しようとしなければ(2)の方も無意味になります。

"配布を受けた者がそのソースコードを入手できること"は必須ですが、その権
利を行使できるのは配布物を入手した人だけですから、前述の"ユーザ"が社内
専用スクリプトを外部に出さなければ、第三者がソースコードを要求する状況
にはならないような...。

> それで、仮にアプリケーションがGPLになるとしても実質的な問題はないと、
> 私は判断したのですが、「GPLの前文によると、この場合、第三者が配布元に
> ソースを請求できる(という解釈が一般的である)」という指摘を受けました。

スクリプトではありませんが、似たような話題を他(LinuxかDebian?)のMLで
目にした記憶があります。どこ&いつだったかなぁ。確か、"GPLのバイナリ(コ
ンパイルしたもの)を入手した人はそのソースを要求できるが、バイナリを持っ
ていない人は対象外"という話で、"GPLを適用≠無条件でソースコード公開"で
はないという結論だったと思います。記憶が曖昧で申し訳ありません。

# GPLの原文を読むのが良いと人から聞いたんですが、進まないんです...。

///// ------------------------------------------------------------------
-O-O-    斉藤 秀格 (SAITO Shukaku) @ PUGH (Palm Users Group in Hokkaido)
  _      master / shukaku.nu          (ぱふ)   http://www.pugh.palm-j.com/