るびべん です:

On Wed, 20 Mar 2002 16:09:15 +0900
"K.Kosako" <kosako / sofnec.co.jp> さん wrote:
> 書かれていたことの殆ど全部知らなかったことばかりなので、
> 参考になりました。

お役に立てて嬉しいです。
#もうすぐデジタル著作権の本を出しますのでそっちもぜひ(笑)

> "(読めない)形で配布した場合"というのは、変更されたソースコードを
> 非公開にして、バイナリのみで配布した場合のことでしょうか?

典型例はそういう場合ですね。

> 
> Rubyのライセンスがそのような配布形式を許しているのであれば
> (COPYING.jaを読む限り、許しているように読めました)、

そうです。GPLと違って、ソースコードの公開義務をライセンス条件にしてい
ません(GPLもオルタナティブなのでさらにややこしいのですが)。


> 私が自分で配布するときのライセンス条件を、将来どのように決めても、
> もう既に承諾してしまっているので、無関係のような気がするのですが。

あくまで、「契約=意思実現(効果意思)のための相互の意思表示」が中心にな
るので、そのように割り切っていただければ(小迫さんがそれでよければ)全く
問題が出ません。

小迫さんが、GPL的に、つまり、自分のソフトを改造する人には改造部分を公
開してほしい(あるいは、そこまで強く主張しないまでも、少なくとも自分には
改造部分を見せてほしい)と思った場合(特に後からそう思った場合とか今そこ
まで考えていなかった場合)が問題になります。

#無償で、すばらしいソフトのソースを公開した人が後になって「改造部分は
#(少なくとも自分に)見せてくれよな」と言った場合、極めて正当な権利
#主張だけに(その主張が一切できないというのも変ですし)法的構成が
#めんどうなのです。


るびべん。