なひです。

> From: Takaaki Tateishi [mailto:ttate / kt.jaist.ac.jp] 
> Sent: Wednesday, February 13, 2002 2:12 PM

> At Wed, 13 Feb 2002 10:43:10 +0900,
> > > コミュニティ向けにtype-safetyの重要性とmachine-readableな
> > > contractの必要性を訴えているそうです。
> > 
> > type-safetyに関しては、
> > コンパイラの助けなしに安全なコードが書けなくて大変てのは、
> > 変な挙動があったときに調査するための
> > デバッガの使い方を知らないからじゃないかなー。
> 
> デバッガやテストとtype-safetyを比べるのはさすがにちょっと乱暴の
> ような気がします.

なひは特にそうは思いません。が、お仕事では型安全無しには
生きられない人なので、特に型安全無しへの思いいれもありません。
XPerな人、あとはお願いします。:)

> デバッガやテストのような実行しなければならないものでは,すべての
> コードを網羅することは難しいです.そして,問題が起こる度に調べる
> よりは,実行しなくても分かる方が便利だと思います.

後半については同意します。なひには特に思い入れはありません。

前半については、語用の問題かもしれませんが;
(本当の)テストはすべてのコードを通すものです。C0(命令網羅)。
すべてのパスを通すべきこともあります。C1(判定条件網羅)、条件網羅など。
デバッガはそのためにも使えます
(実行途中で条件分岐先を変更するためにメモリを書き換えて継続)。
必ずしも難しくありませんし、やるべき状況もあります。