Hiromasa KONISHIです。
jihgさん取りまとめご苦労様です。

結局、改行、空行はそれぞれ書き手の思惑があり、コードの可読性を上げる目的
に行われている場合もある。
ということで、あんまりファジーだからそのままってことですよね。

コメント行も空行と同じなのであれば、なおさら、行間を読めというファジーな
仕様は混乱するだけだと思います。やはり空白は空白というそれだけの意味にと
どめておいたほうがいいのでは?

空白がいやだという人は多分空白を作らないだろうし、極端な例のようなコード
を書く人はおそらく最初のプログラムで挫折するのでは? 

Phytonの例はともかくとして、SYMDBGやBASICの時代のような、がちがちのフ
ォーマット時代には戻りたくないです。見やすいコードというのはそれぞれある
でしょうから。(K&RがいいかANSIがいいかと同じでどっちも飲み込める容量は
Rubyにあると思うし、がちがちのフォーマットにしても、馬鹿は結局馬鹿をやる
のは目に見えてます)

>順番としては、検査ツールを先に議論したほうがいい。検証ツールで成果を得て
>から、(有用なら) Ruby に組み込めばいい。
>
>まず無害なことから試してみるべきだ。作成者の自由選択によって検証できるよ
>うに。
正論だと思います。でも、Ruby組み込みでオン、オフありとかだと、デフォルト
の動作はどうしても初心者向きに振らなきゃいけないだろうから、かなりうざっ
たい気がします。
やはり[ruby-list:33810]で井上さんがおっしゃっているように、分離型がよろ
しいかと.