rubiben です。

"Nao J. Yasuda" さん wrote: 
>>#現在のマシンで走るB処理系ってあるんでしょうか??
>
>ふ〜む。ACOS6機って既に博物館でしょうかね?

あ、そゆ意味じゃなくて、現在ふつうのPCとか、SunとかでB処理系ってある
のかにゃん??って話です。


>いや、私が開発担当になったからです。当時(1980年頃)他にまともにつかえる
>言語はなかったのです、

石田晴久あたりが、米国からCをもってかえってきて計算機センターなんかに置
いたのがこのころだったかと(ちょうど私が大学生のころ。私の1コ上が(fjで
おなじみ熱血漢の)mohta氏、その前任が村井純)。


>そうそう、JCLをデータを見て自動生成するというBプログラムをTSSで動かしました。
>データを揃えてBatchスポーンするもので、ちょっとしたアセンブラの命令を
>使うんですが、ACOS6(NEC)のマニュアルには書いていなかったけど、
>GCOS(GE)のマニュアルには書いてあって、ちゃんと動きました。

ありがち。


>>まぁ、我々BCPL使いからすると、
>>      「Cなんて、まだ stable ぢゃないね」
>
>あはは、解ります。BCPLってPL/1あたりの時代に相当すると思いましたが、
>今考えても先進的ですね。

私の指導教官が、あのMartin Richardsなんですが、彼なんか1989年度まで
大学でBCPLを教えてましたよ。#ってのが先週の「しぶらぐネタ」(まじ)。

#だから、ケンブリッジがC教えるようになったのは、ベルリンの壁崩壊後。


>私は東京オリンピックのマラソンを沿道で見ました。親のカメラを持ち出して、
>写真を撮りにいったのですが、もちろんアベベなんて見ることはできず、
>最終走者らが見えただけですが、向うはゴール間近でヘロヘロなのにも
>拘わらず、子供の足ではどうにも追いつけなかった記憶があります。^^)

うちは田舎(たまRUG/中央線RUGエリア)だったので、マラソンには縁なかった
ですが、近くの通りを聖火ランナーが走ったので見に行きました(超懐)。


るびべん。