たけ(tk)です。

Yukihiro Matsumoto さん曰く。
》どうしても+や-が使いたいのであれば、自分でクラスを定義するとか、自分でHashにメソッドを追加するのがよろしいのでは?

 そのつもり。というか、既にそうしちゃっています。

》でもって、+も-もキーが同じで値が異なる場合の適切な意味が定義できているとは思えない点で賛成できません。というのが以前の結論ですし、今回も変わりません。

 +は左側優先です。−はキーだけを見て削除します。左側優先にしたのは、次
の式で元に戻るようにするため。h1 に h3 を足したものから、足された分
(h3-h1)を引けば元に戻る、と読む。

p ( (h1+h3) - (h3-h1) )  ## {1=>2, 2=>3} == h1

 右側優先だと次のようになるが、ちと違和感があったので・・。

p ( (h1+h3) - (h1-h3) )  ## == h3

》|ハッシュを使えば簡単になるのではないかと思った
》
》のだが、ハッシュにメソッドを追加せねば簡単にならないのであれば、それはそもそも「ハッシュを使えば簡単になる」という予想そのものが間違っていたのではないかという気がします。
》
》いや、updateで十分な気もしますが。

 update や reject を使って20〜50文字程度で書けることを1文字にした
というだけのものです。

》| えっと、ちょっとだけこれを欲しいと思った背景を述べておきます。
》
》この背景の図をしばらく見ても良く分かんなかったというのは正直なところですが、

 ほかに、SQLのパラメータにセットするメソッドへのデータの受け渡しなど
でもハッシュを使うと便利です。

 マニュアルをぱらぱらめくったところでは CGI#params がたぶん同じ発想だと
思う。

たけ(tk) ggb03124 / nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/take_tk