まつもと ゆきひろです.

In message "[ruby-list:301] Re: request for Time and etc."
    on 96/07/09, Yukihiro Matsumoto <matz / caelum.co.jp> writes:

|こんなインタフェースではいかがでしょう.
|
|  Time.mktime(year, month, day, hour, min, sec, tz)
|
|第2引数以下は省略可能としましょう.つまり
|
|  Time.mktime(1996)

結局こうなりました.

 Time.gm(year, month, day, hour, min, sec)
 Time.local(year, month, day, hour, min, sec)
 Time.mktime(year, month, day, hour, min, sec)

最初の物はGMTで指定します.2番目の物はローカルタイムで指定し
ます.3番目の物は2番目の物の別名です.

で,これを追加したrubyを0.99-960710として公開します.

  ftp://ftp.caelum.co.jp/pub/lang/ruby/ruby-0.99-960710.tar.gz

で入手できます.

In message "[ruby-list:302] Re: request for Time and etc."
    on 96/07/09, 石塚圭樹 <keiju / shljapan.co.jp> writes:

|松本氏のTime対応がしばらくかかるのなら, その間にやっているというてはあ
|るのだけど... 

すぐできちゃいましたけど,どうしましょうか.まあ,試してみて
分からない事があればどんどん質問すると言う形にしてくださると
非常に嬉しいです.

tclのexpectやperlのchat2.plが参考になるのではないでしょうか.

				まつもと ゆきひろ /:|)