むとう様、情報ありがとうございました。
最初の方法で、うまく表示することができました。

また、「Ruby/GTKメモ」もこれから参考にさせていただきます。
Ruby/Gtk についての資料がどうにも少ないので、どなたか
詳しい方、ぜひ書籍で入門書の出版を期待しています。

教えていただいた情報をもとにサンプルスクリプトを作ってみました。
ボタンに日本語表示が使えて、文字色も異なるというものです。
確認した環境は、Windows NT 4.0WS SP5 + Cygwin版Ruby です。

サンプルスクリプト

# Gtk test program - Hello, world! in Window
require 'gtk'
require 'uconv'

# Top Windows の作成
window = Gtk::Window.new
window.signal_connect("delete_event") do
  Gtk.main_quit
end
 
# 表示色変更のおまじない, 日本語表示のおまじない-1
style1 = Gtk::Style.new
style1.set_font(Gdk::Font.fontset_load("-unknown-*-*-r-normal-*-*-100-*-*-*-*-windows-shiftjis"))
style1.set_fg(Gtk::STATE_NORMAL, 0, 0, 65535)
style1.set_fg(Gtk::STATE_PRELIGHT, 0, 0, 65535)
style1.set_fg(Gtk::STATE_ACTIVE, 0, 0, 65535)

# Buttton-1 の作成(青色)
button1 = Gtk::Button.new("Hello, world!")
button1.set_style(style1)
button1.child.set_style(style1)
button1.signal_connect("button_press_event") do
  print "Hello, "
  $stdout.flush
end
button1.signal_connect("button_release_event") do
  print "world!\n"
end

# 表示色変更のおまじない, 日本語表示のおまじない-2
style2 = Gtk::Style.new
style2.set_font(Gdk::Font.fontset_load("-unknown-*-*-r-normal-*-*-100-*-*-*-*-windows-shiftjis"))
style2.set_fg(Gtk::STATE_NORMAL, 65535, 0, 0)
style2.set_fg(Gtk::STATE_PRELIGHT, 65535, 0, 0)
style2.set_fg(Gtk::STATE_ACTIVE, 65535, 0, 0)

# Buttton-2 の作成(赤色)
button2 = Gtk::Button.new(Uconv.sjistou8("やあ。"))
button2.set_style(style2)
button2.child.set_style(style2)
button2.signal_connect("clicked") do
  print "やあ。\n"
end
 
# パーツのリンク、表示
vbox = Gtk::VBox.new(true, 0)
vbox.pack_start(button1, true, true, 0)
vbox.pack_start(button2, true, true, 0)
window.add(vbox)
window.show_all
Gtk.main

--
Yoshihisa Yamamoto
yyama / nyc.odn.ne.jp