青木@横浜です。

リファレンスマニュアルの RD を RDtool 使って複数 HTML 化する
ためのスクリプトの新版を以下に用意しました。
  http://www7.tok2.com/home/misc/files/ruby/list.html
から rd2refm003.lzh です。前のよりはましになっています。

ついでに、HTML Help化も行ってみましたが、
リファレンスマニュアルの RD は複数人によるものであり、かつ、
ライセンスについて言及していないので、今のところ配布できません(^^)
rubyist / freeml.com に入って聞けばいいのかな。ま、HTML Help を
コンパイルするためのソースはすべて上記のスクリプトから作成できますし、
HTML Help Workshop があれば誰でも作成可能でしょうが。

今のリファレンスマニュアルの RD には、ラベルに問題があると
思いますが、上のスクリプトではある程度解決しています。

例
= クラス名
    説明
== メソッド:
: method1(args)
    説明
: method2(args)
    説明

level2 の headerline が "〜メソッド:" や "定数:" という場合、
その後のメソッドについて、ここでは "method1" を "クラス名#method1" の
ように参照できるようにしているのですが、こういう解決法がいいのかは
わかりません。

この拡張によって RD の ((<File::open|File>)) というような記述を
((<File::open>)) になるようフィルターかけてやっています。

"FAQ::〜" とか、同じラベルが存在するなど、他のラベルの問題は
そのうち修正されるんでしょうけど。今のところ、私にはクラスのメソッド以外で
同じラベルが存在するとき(特に Headline Level1のもの)の対処の仕方は
いまいち思い浮かびません。

#やっと、1.6.2 ベースのマニュアル(HTML Help)が手に入ったことだし
#これでさらなる Ruby 技量の向上を期待できるかな>自分

-- 
青木大輔 <dai / y7.net>