こんにちわ、DP.です。
 ところで、 -Kn (NONE)だと日本語ダメーになってしまうので、多分
-Ks (SJIS) のことだと思うのですけれど、

私の場合、 Visual C++ 5.0 IDE から Ruby インタプリタを起動して
使用するようにしているのですが(結構便利)、実行するスクリプトの
1行目に

#! ruby -Ks

と書いてやれば -Ks オプションを指定したことになります。たぶん、
ここには実行時ディレクトリをチェンジする -X とかも使えると思います。

 インタプリタの状態を変更してやっても可能です。大抵のコマンドライン
オプションは、それに対応した組み込み変数を使ってスクリプト内で自由に
変化させられることができるのが多いです。リファレンスを見てやって
下さい。

$KCODE='SJIS'  # -Ks の効果
# 以降、日本語が使えるっぺれ

# From
  class C;def another;;end;def Just;;end;def ruby;;end;def hacker;;end;end
  print C.instance_methods.reverse.join(" "), ','
# "DP.-KAORU" <program-zero / ma4.seikyou.ne.jp>
# ICQ 26786249