こんばんは、高井といいます。

Rubyって短いセンテンスで高度な表現力を持つ言語だなぁ、って考えていたと
ころから、くだらないジョークを思い付いてしまいました。

Frog.new.dive(pond).getSound
# => 古池や蛙飛び込む水の音 -- 芭蕉

Range.new(14, 15) === cockscomb.num
# => 鶏頭の十四五本もありぬべし -- 子規

while doWork
  watch myhand if mylife != Life::COMFORT
end
# => はたらけど はたらけど猶わがくらし楽にならざり ぢっと手を見る
# -- 啄木

大変失礼いたしました。m(__)m
--
TAKAI Naoto / takai / cmd.rikkyo.ne.jp