In message <20001227224317.FEC5.HIROYUKI / kai.104.net>
hiroyuki / kai.104.net writes:

> ところで、質問なのですが、Rubyの言語仕様というのはあらかじめ決めた仕様に
> 基づいて実装されるのではなく、基本的に松本さんによる新しい処理系(インタ
> プリタ)の実装と同時に改定されていく仕組みなのですか? だとしたら、なぜ
> そういう方法をとっているのでしょうか。そのほうがやはり効率的なのでしょう
> か。

「最初がそうだったから」とか :-)

まあ実際のところ,「仕様を確定してから処理系を作成」というアプローチで
成功した言語というのはあまり聞きませんよね.Ada くらい? あれも,成功し
ているというよりは,国防総省が利用を要求したから普及した,っていうだけ
のはなしのようですが.それも,ほんの一部に.


もともとは松本さんの,「自分が使いたい言語が欲しい」という欲求から来た
個人プロジェクトなわけで,一番最初のコア部分は自然,思い描いていた仕様
を実装したものになります.

で,いいものだと思ったから,みんなに教えてみた.教えられたほうもいいも
のだと思ったから,使ってみた.使ってると不満とか,不整合だとか,いろい
ろ見つかってくるので,これを直すという形で進んでいく,と.


本当のところ「仕様を決めてから実装する」という形なんですけどね.ただ仕
様の決定が大上段に構えた正式,公式というものではなく,ML や NetNews で
のやりとりとか,使ってて思ったことだとかから「こんなふうにしてみようと
思います」っていうのが出てくる,という形になっているだけです.試してみ
て使いにくかったら次の仕様を模索する.

先に完全な仕様を確定,というやり方は,とかく机上の空論になりやすいとい
う問題があります.仕様自体の整合性と「美しさ」を求めるあまり,実装の都
合や実際の利用を考えない仕様を作成してしまうとか.


# なんだかうまく文章がまとまってないな :-P


-- 
柳川和久 @ 東大阪市 . 大阪府                              December 28, 2000
Better late than never.