Tabby as くろさわ@秩父です。

WATANABE Hirofumi <eban / os.rim.or.jp> wrote in
  message <7756-Tue19Dec2000133122+0900-eban / os.rim.or.jp>:
> _fixpath 自体は DJGPP 2.01 あたりの古いものがベースなので,
> DJGPP 2.03 を元に mblen を定義するようにしました.
> ここに DBCS vector を使っています.
> 
> http://jarh.hoops.livedoor.com/ruby/ruby-1.6.2-20001218-i386-msdosdjgpp.tar.gz

ありがとうございます。拾ってきました。
多バイト文字のファイル名に glob しても問題なく処理出来る様に
なりました。

面白い&些細な事に気付きました。
元記事を投稿するに当たって、
 ・区点それぞれ 1..94 に対して
 ・区点→Shift-JIS の変換をして
 ・その 1 文字でファイルを作って
 ・exist?
というスクリプトを組んで、どんな文字が化けるかのチェックをし
ました。以前は「open 可でも glob 不可」な文字がありましたが、
新しい版では「open 可なら glob 可」で、実用上の問題はまったく
ありません。
が、グリフが割り当てられていない文字なのに、ファイル操作可能
な文字と不可能な文字が混在している様です。
システムはグリフの割り当て情報を知っているんですね。

       Tabby as くろさわ
         tabby / yk.rim.or.jp
         http://www.yk.rim.or.jp/~tabby/