なかだです。

At Wed, 6 Dec 2000 17:04:25 +0900,
Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp> wrote:
> RubyCRT.dllを使うか、mswin32でもmingwと同様にwin32/win32.cの
> myfdclose()ところの_free_osfhnd()をコメントアウトしてしまって、
> Rubyを作る時に-MDを指定してもエラーにならないようにして、
> MSVCRT.dllを使うようにするかでしょうね。

  拡張ライブラリが使う先のライブラリまで RubyCRT.dll を使ってる
ことは期待できないように思うので、より一般的なはずの MSVCRT.dll
を選ぶ方がいいような気がします。それとも RubyCRT.dll はデータは
MSVCRT.dll からインポートしてるとか。

  にしても、Windows の DLL の仕組みはややこしすぎる。

-- 
--- 僕の前にBugはない。
--- 僕の後ろにBugはできる。
    中田 伸悦