In message <3A2926E4316.F02D.BXQ04723 / nifty.ne.jp>
	on Sun, 3 Dec 2000 01:41:45 +0900,
	Nakamura Akifumi <BXQ04723 / nifty.ne.jp> wrote:
> お世話になっております。 A.中村です。
中村さんの描く世界という方が私はまるでわからなかったりします。そのあた
りを逆に提示して頂いた方が建設的なやりとりになるのではないかと思います。
(さらにruby-listで続けるべきものであるかどうかは別ですが。)

> > を嫌って、vfork(2)を再実装したNetBSDとかもあります。vfork(2)は子プロセ
> > スが必ずexecするという前提で、それまでの間プロセスのメモリ空間とページ・
> > テーブルを親子で共有して、無駄なコピーを省きます。
> 
> うーん。forkを掴まえるためにはforkロープが必要だったのか…
???  意味不明です。

> 友人も言っていたんですが、「からっぽのプロセス」っていう
> 概念があればそれで話は済むような気がするのは俺だけでしょうか。
「からっぽのプロセス」という方がよっぽど特殊でしょう。からっぽはどこか
ら生まれてくるんでしょうか。からっぽってどこまでからっぽなんでしょう?
どのユーザの権限で動いているという情報もないんでしょうか??

> なんでコピる(&コピるかのように見せかける)のに拘る必要があるのか…
> 継承した直後に丸捨てするなら、継承せずにゼロからやり直せば良かろうに…
正統なvfork(2)はコピーもコピーの見せかけもしてないんです。それと継承す
るものはしてくれないと困るんです。

--
神戸 隆博(かんべ たかひろ) at home