高橋征義です。

私も「Ruby デスクトップリファレンス」、買いました。
以下、感想というか第一印象です。

 * 良い点

何といっても網羅性。日本語のドキュメントでは最高? やっぱり
リファレンスマニュアルもこれくらい充実させたいですよねえ。

 * 困った点

目次と索引。やっぱりクラス目次とメソッド索引は全体の索引とは
別に欲しいです。特にクラスはアルファベット順じゃないので、
末尾の索引を見ないと実質探せない、というのはちょっと辛い。
せめて、ページの上か下に、そのページで説明しているクラスが
何のクラスかが分かるようになっていれば、ぱらぱらと探せる
のに……。13・14章については、章や節の名前より、そっちの方が
重要です。
# あとで手書きで書き込む予定です。

 * 気になった点

13章と14章を分けたことについて説明はないのでしょうか?
どっちかっていうと13章の中の一節として14章の内容を入れた方が
素直と思うんですが。
あと、クラス階層図だけじゃなく、エラーの階層図もあった方が
よかったと思うのですが、エラー階層は流動的な部分があるので
しょうか?<やや邪推

 * お買い得か?

値段はともかく、内容的に「代わりがない」のだから買うしかない、
ってところでしょう(^^;  全部のクラスとメソッドを暗記してりゃ
話が別ですけど。
大きさは手頃に思います。使い勝手は、もうちょっと実際に使って
みないと判断できないので保留です。

高橋征義 (TAKAHASHI Masayoshi)       Email:maki / inac.co.jp