なひです。

> From: Koji Arai
> Sent: Friday, November 17, 2000 12:28 AM

> > どなたかRubyのリファレンスマニュアル(1.4.6で十分です)をWiKi
> > にあげていただけませんか? 日本語、英語とも。
> 
> 私やりましょうか?日本語1.6用と英語1.4.6用をRDに変換して書き
> 込むぐらいならできると思います(なひさんのとこでよいの?)。

RWikiがその役目を負うとした場合、Tikiよりも利点になりそうなのが、
「文法がRDに似てる」という点でしょうか。ただこの点は欠点でもあります。
「似てるだけで完全には一致してない」

例えばRWiki writing formatのほうのRDでは、((<foo>))という内部参照は、
他のページへの参照という意味を与えられて、
異なるHTMLへのリンクを生成します。また、メソッドインデックスは
何も意味を与えられておらず、なんともレンダリングされません。

あんまり?便利じゃなさそうですね?(渡辺さん風

RWikiでRDドキュメントをメンテする場合、メソッドインデックスは使わず、
  $ cd rd && cat * | rd2
するのが、現時点で想定されている使われ方です。たぶん。? > SeKi

> ただ、私としては以下の順で要望があって
> 
> 1. 修正が被った場合にマージして欲しい
> 2. 内容に変更があれば(希望者に)メールでお知らせして欲しい
> 3. 1.6と1.7のドキュメントを並行に書きたい(それを支援する機能が欲しい)
> 4. バージョン管理したい
> 
> どちらかと言えばCVSのお仕事のような気がします。これは考慮の
> 余地なしですか?
> 
> > そしたらよってたかって直せると思うです。
> 
> CVS だと敷居が高くなるのが心配かなあ

この用途には、ある程度の敷居の高さが必要だと考えます。
ただ、乗り気になったときに乗り越えられる程度の、
そこそこの高さでないといけない。今回の用途に関しては、
  CVSのWWWおよびE-mail wrapper + 特化した機能の作りこみ
が、よさそうです。

CVS?を中心にして作り始めると「特化した機能の作りこみ」で転びますね?
つーわけでWEBrick?とかどうなんです? # 未評価なのでした