ごうぎ@TCIです。訂正です。

>>>>> "S" == Shigeru Gougi <gougi / v3test3.nagoya.caelum.co.jp> writes:
In message "[ruby-list:239] Re: print につい て"
    on 96/03/04, Shigeru Gougi <gougi / v3test3.nagoya.caelum.co.jp> writes:
    S> というのも、Javaではこれはだめな様です。
    S> プリントされる側ではどうしようもなくて、プリントを行うクラス
    S> を継承してその中で実装する様になっていました。
    S>     synchronized public void println(long l) 
    S>     synchronized public void println(float f) 
    S>     synchronized public void println(double d) 
    S>     synchronized public void println(boolean b) 
    S> という感じの定義があります。これでは面倒ですね。
    S> せっかくinterfaceという宣言が出来るのにと思ってしまいました。
    S> Javaの方は、僕の好みではないのです。

JavaにもObjectクラスに
    public String toString() {
	return getClass().getName() + "@" + 
                     Integer.toString(hashCode() << 1 >>> 1, 16);
    }
があり
PrintStreamクラスで
    synchronized public void println(Object obj) {
	print(obj);
	write('\n');
    }
というのがあって、Objectクラスのこのメソッドを再定義すると可
能でした。すいません。f(^_^;;;; 


--
gougi / caelum.co.jp (Shigeru Gougi)