師星と申します。

> マッチが発生する毎に、各グループのマッチ文字列を要素として持つ配列を
> 生成し、全体として、配列の配列を返します。
> 
> ...言葉で説明するのは難しいので、例を入れません?

あえて言葉で済ませようとすると、こんな感じかと思うのですが、
(ちょっと長くなってしまいますが)


正規表現reによるマッチングを繰り返し、その結果の配列を返します。
マッチングの結果とは、
reが括弧によるグルーピングを含む場合はそれらに対応する部分文字列の
配列、含まない場合はマッチした文字列自体になります。
また、ブロックを与えて呼び出したときは、結果の配列を返す代わりに、
a)
マッチごとにブロックを実行します。ブロックの引数も、グルーピングに
対応する部分文字列、グルーピングのない場合はマッチした文字列になります。
b)
マッチごとに結果を引数としてブロックを実行します。
(どっちがいいでしょう…)


やっぱり分かりにくいでしょうか?
--
MOROHOSHI Akihiko <moro / remus.dti.ne.jp>