高橋征義です。

matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)さん:
> 外人たちに情報を提供する「自動翻訳プロジェクト」を開始しよう
> と思います。まあ、つまりは「翻訳魂」か「翻訳の王様」をしかけ
> て、日本語ページを無理矢理英語にして www.ruby-lang.orgで提供
> しようというプロジェクトです。

というアナウンスがあったのはもう去年のことですが、その後進捗の
ほどはいかがでしょうか?

ruby-talk でも話題になっていたので、手元の翻訳魂でruby-listの
メールをいくつか訳してみたのですが、いろいろ辛そうです。

・「まつもと ゆきひろです。」が「It is snow なんちゃら pain なんとか」
  (詳しくは忘れました)になる(;_;)

・日本語の文字が一部残る。これはおそらく表示できない環境の人が多そう
  なので、無理にでも変換するべきなんでしょう。
  カナに関してはローマ字に変換するコードを追加すればいい?

・いきなり文中に「|」がでてきたりして、ちょっと見苦しい。まあ、
  意味が通じればいいのかも。

とにかく人名はぼろぼろです。冒頭とシグネチャは見るも無惨。固有名詞も
そうかもしれません。辞書を使って登録するべきなんでしょうけど、どう
やってやればいいんでしょうか?

# bladeテクノロジーが欲しいかも。

高橋征義 (TAKAHASHI Masayoshi)       Email:maki / inac.co.jp