Toshです。
返事を書くのをすっかり忘れてました、すみません。

In message "[ruby-list:22866] Re: (RD) rd header, running title"
    on 00/05/24, GOTO Kentaro <gotoken / math.sci.hokudai.ac.jp> writes:
>>>>ヘッダって名前はふさわしくないですけど、とりあえず他にいい名前がないので
>>>>そう読んでおきます。ふさわしい名前は募集中と言う事にして。
>>>
>>>LaTeXだとpreambleっていいますね.なんじゃろ,
>>
>>preambleだと「前置き」(?)だから、やっぱり後ろにくるかもしれないものには
>>不都合な名前ですねぇ。
>
>素直に「メタ情報(MetaInfo)」でどうでしょ?? 

悪くは無いですが、
これは、書式も
  =begin MetaInfo
  key: value?
  =end
みたいになるんでしょうか?

それだと、2語からなる単語は
  =begin MetaInfo
  =begin Meta Info
  =begin Meta-Info
などでやや混乱しませんか?

>>とりあえず、「ヘッダはドキュメントのメタ情報を扱う」ってのは
>>これでいいのでしょうか?だとすると、
>
>原則としてそれでよいとおもいます.
>
>>  * タイトル
>>  * 著者
>>  * copyright (著者とは独立?)
>>  * running head(?) (後述します)
>>  * バージョン(?)
>>  * 翻訳元のRD
>>  * 一時配布元(?)
>>
>>あたりですかね。
>
>更新履歴はどうしますかねぇ.特にプログラムのコメントとしては
>これの書き方が決まっていると良いような気がします.

更新履歴、というと"ChangeLog"の様なもの、ですよね?
それはいわゆる「メタ情報」でしょうか?それに、ドキュメントのメタ情報
とスクリプトのそれとは区別をしておいた方がよいのでは?


「標準の書き方」とは概念上ちょっと違うものになりますが、
例えば一般的なChangeLog形式で書かれたものを

  =begin ChangeLog
  ...
  =end ChangeLog

などとRDとは別にRubyスクリプトに埋め込んでおけば、RDtoolのFilter
でそれをフォーマットしてrd2の出力に加えたりは可能です。

こうしておくと、長いChangeLogを目にしたくないユーザーは
--with-partオプションを使わない事でそれを出力しない事もできます。

変更履歴はドキュメントとは独立しているはずなので、これを出力
しないことでドキュメントの意味が違ってしまう事もありませんし。

こういうのは、いかがでしょう?

>>すみません、メディアという用語を誤用しました。ええっと、出力フォーマット
>>が今まで使って来た用語かな?
>
>こちらこそはっきりせずにすみません.
>
>出力フォーマットという言葉はGhostScriptにならって「デバイス」
>にしませんか??

デバイスというとその先に出力装置がありそうな印象がやや気になりますが、
とりあえずそれで構いません。
なんか他にぴったりくる用語があったら変更するかも知れませんけど。

>>ひとつだけはっきりしてもらえれば、ヘッダにいれても良さそうだと
>>思えて来ました。
>>
>>  * running headはドキュメントの著者が記述すべきメタ情報である。
>>
>>  * running headは印刷するとき等にタイトルを使うと長すぎると言う
>>    不便から、編集する人がつけるものである。
>>
>>のどちらでしょう?
>
>僕は前者しか知りません.

そうですか。それならrunning headもメタ情報に加える事にしましょう。

Running HeadとDocument Titleの両方があった場合、RDtoolのような
フォーマッタはどう扱うのが適当なんでしょう?
例えば、HTMLの場合TITLE要素のコンテントをRunning Headにして、
(オプションで指定されれば)BODYの最初にDocument TitleをH1要素か
なにかで挿入するのがよいのでしょうか。

---
Tosh
Toshiro Kuwabara