山根です。
ruby/tk の SUNOS 4.1.3-U1 でのコンパイルが成功しました。

まつもと ゆうきひろ氏 と 小松氏の助言の通りでした。

松本氏 write

> xt/tclcklibのディレクトリで
>
>   ../../miniruby -I../.. -I../../lib extconf.rb
>
> なんてやってみて、その情報を見るとどのテストで失敗したのか分
> かると思います。
>
でまず確認すると
 cd ext/tcltklib
   ../../miniruby -I../.. -I../../lib extconf.rb
   checking for t_open() in -lnsl... no
   checking for socket() in -lsocket... no
   checking for dlopen() in -ldl... yes
   checking for log() in -lm... yes
   checking for tcl.h... mkmf.rb - try_cpp - open conftest.c
   mkmf.rb - try_cpp - close
   mkmf.rb - try_cpp - xsystem
   mkmf.rb - try_cpp - rm conftest.c
   yes
   checking for tk.h... mkmf.rb - try_cpp - open conftest.c
   mkmf.rb - try_cpp - close
   mkmf.rb - try_cpp - xsystem
   mkmf.rb - try_cpp - rm conftest.c
   yes
   checking for XOpenDisplay() in -lX11... yes
   checking for Tcl_FindExecutable() in -ltcl7.6... no   <−−−−

となり、tcl7.6のライブラリが無い(認識出来ない)ためにtcltklibがコンパイル出来ない
のが判りました。

Katsuyuki Komatsu wrote:

> 小松です。
>
> In message of [ruby-list:22813] Re: ruby/tk の SUNOS でのコンパイル方法について
>     on 2000/5/23 09:47:28 Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp> wrote:
> > tcl7.6ならtkは4.2でしょうか?
>
> そういえば、SunOSで普通にtclやtkをconfigureすると、
> libの名前が"7.6"ではなく"76"というように"."がなくなって、
> libtcl76.aとlibtk42.a (8.3.1だとlibtcl83.so, libtk83.so)
> といった名前になるのでした。訂正。
>
> ./configure \
> --with-out-gcc \
> --with-tcllib=tcl76 \
> --with-tklib=tk42 \
> --with-opt-dir=/usr/local \
> --with-X11-dir=/usr/openwin
>
> --
> 小松克行 / Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp>

そこで、
configure
./configure \
--with-out-gcc \
--with-tcllib=tcl76jp \    <−−−−−−−tc.7.6jpを変更
--with-tcl-include=/usr/local/include \
--with-tk-lib=/usr/local/lib \
--with-tklib=tk42jp \     <−−−−−−−tk4.2jpを変更
--with-tk-include=/usr/local/include \
--with-tk-lib=/usr/local/lib \
--with-X11-include=/usr/openwin/include

とし、make すると
make
        :
       :
   ld -assert nodefinitions -L/usr/local/lib -o socket.so socket.o getaddrinfo.o
getnameinfo.o -lc
   compiling tcltklib
   cc -PIC -I/udd/Rom6/ruby/ruby-1.4.2-s1 -I/udd/Rom6/ruby/ruby-1.4.2-s1 -g
-I/usr/local/include -I/usr/local/include -I/usr/openwin/include
-I/usr/local/include -DHAVE_TCL_H -DHAVE_TK_H  -target sun4 -c  tcltklib.c
   ld -assert nodefinitions -L/usr/local/lib -o tcltklib.so tcltklib.o -ltk42jp
-ltcl76jp -lX11 -lm -ldl -lc
   compiling tk
   cc -PIC -I/udd/Rom6/ruby/ruby-1.4.2-s1 -I/udd/Rom6/ruby/ruby-1.4.2-s1 -g
-I/usr/local/include  -target sun4 -c  tkutil.c
   ld -assert nodefinitions  -o tkutil.so tkutil.o -lc
   compiling Win32API
   cc -g -I. -I. -I/usr/local/include  main.o  libruby.a -ldl -lm   -o ruby

となり、tcltklib のコンパイルが出来るようになりました。

小松氏 write

> エラーメッセージがもしでているなら,その結果を出した方が
> 答が得られると思いますので,もしまだ解決されてないようで
> したらエラーメッセージは省略せずにすべて出す方が良いと思
> います.
>
> # "…"の後の部分を知りたい....
>

助言の通り、今回は、省略せずに書きました。

助言して頂いた方々に感謝します。有難うございました。
これで、tcl/tkからruby を呼んで処理をしていたのをruby/tkで書ける環境が出来ました。