Toshです。

In message "[ruby-list:22886] Re: [Q] blade internal design"
    on 00/05/24, Hideto ISHIBASHI <hideto-i / rr.iij4u.or.jp> writes:
>> 実は少し前に拡張ライブラリを書く練習にRuby/Namazuを書いた事があります。
>
>見させて頂きました。とりあえず基本機能だけ、という感じを受けました。
>しかし、その理由は libnmz の問題が解決できないからなのですね。

というより、基本機能をだいたい実装してとりあえず動いた時点で、「もぉ
いいや」って感じになってしまったので。(^^;;

ライブラリのドキュメントがなかったので、細かい機能までいちいち調べるの
はめんどうになったのです。

ざっと見た所、他の機能は
  * 結果のリストをソートする類のもの
  * コンフィグファイルを解釈したりするもの
  * 結果をHTMLで出力するためのもの
とかでしたので、「こういうのはRubyにやらせるほうがRubyistはうれしいだろう」
と思ったのもあります。

>> ここらへんが解決できなかったので、Ruby/Namazuは短命なプロセスでなら使
>> えてもサーバーに使える程安全ではないものになってしまいました。
>
>> # RubyとNamazuの両方に精通している人は多分何人かいらっしゃると思うので
>> # そういう方がちゃんと書き直すのが一番かと思います。
>
>同感です。

黙っていてもNamazu Projectのほうでなんとかしてくれそうな気はするんです
よね。
でも誰かRubyな人が積極的に関わって、Namazu方面にもオブジェクト指向の福音
を伝えた方がいいのかも。

>ぼくも Namazu について少し調べてみました。ぼくにとっては libnmz が
>使えるかどうかに興味があるので、現時点では・・・
>
>blade clone では、わかち書きのために KAKASI か Chasen を使います。
>しかし、必ずしも Namazu を使う必要は無いように感じてきました。
>Hash を使えば Ruby 内部で完結するので、それなりに高速かなと。

そのような用途にHashなどのオブジェクトを使う場合、大量のオブジェクトが
生成されることになりGCだけで相当のコストになるんではないでしょうか?
あとメモリも大量消費しそうです。Namazuのインデクスをまるごとメモリに
置いておくのに近いですよね?

---
Tosh
Toshiro Kuwabara