けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

In [ruby-list :21758 ] the message: "[ruby-list:21758] Re: OBJECTDAY
2000 ", on Apr/06 02:15(JST) Hideto ISHIBASHI writes:

>石橋秀仁です。

>Object Dayとなると、オブジェクトコミュニティへのインパクトが
>期待できますよね。客観的に見まして。アンテナを張っている人達が
>集まって来ますから。

うん. うん. やはり松本氏を召喚するように持っていくべきか...

>やっぱり本が出たというのは大きいです。あと、本を書くような
>人達もRubyに注目しているという事実。"The Pragmatic Programmer"が
>ruby-talkにいる、というのも、ぼくのようなミーハーには効きます(^^;
>自身をもって人に勧めることができますから。
># でも、あんまり著名人の名前を出すのも嫌われるかな・・・ (^^;;;

おお. そんな人がいるんですね. 後でチェックしてみよう.

>> UML的に言えばRubyのmoduleは<<module>>とか<<mixin>>とかのステレオタイプを
>> 持つクラスってことになると思います. で, includeは実現でなく<<mixin>>汎化っ
>> てことになるのではないかと. 
>
><<mixin>>ってステレオタイプは知りませんでした(^^;;
>いちおうRuby+UMLで細い記述も可能なのですね。ぼくも

ではなくてですね. ステレオタイプ拡張は自由に定義できますのでRuby用に拡張
しました. Rubyのincludeはどう見てもUMLの実現ではなく継承の一種ですので...

>http://www.rr.iij4u.or.jp/~hideto-i/rb/index.html#graphlib
>にクラス図を描いたんですが、これも勉強して書き直さなければ (^^;

みました. moduleに<<module>>というステレオタイプを割り当てているんですね.
操作のパラメータに`:'があるのは趣味ですか?(^^;;


>>   「思いたったらRuby」
>> 
>> って標語もなかなかすばらしい(^^;;;
>
>(みなさん)どうぞ使ってやってください。この場で著作権放棄しますから:-)

了解(^^;;;

>> めったに出てこない概念がいっぱい出てきますね(^^;;;
>
>おぉ、すごい(^^;;; UMLにはそんなのもあるんですね。さすがUML。
># さすが専門家のかたはすごい。勉強になります m(__)m

私は使えればいいという立場だったので, それほど専門家でもなかったのですが, 
必要上最近UMLに関してはすごく物知りなんです.

# 理由はそのうちわかるでしょう(^^;;;

>ところで、動的な属性という点でいえば、たとえばobserver.rbを使って、
>% ruby -w xxx.rb
>とすると、"instance var @observer_peers not initialized"と
>でます。こういうのが、静的型の好きな人や、コンパイル原理主義な人が、
>「だからスクリプト言語なんてよー」って言いたくなるところですかね。
># これに関しては、module定義内で"attr"すれば済むにしても。

うーん. どうなんでしょ. コンパイラ型の言語では黙って落ちるのがよくありま
すが, それが許せる人にはそのぐらいいいじゃんと思うんですけどね.

>あと、{a = eval "Foo#{bar}.new"}みたいに、クラス名さえ動的に
>変えちゃうと、一部の人は怒るかもしれない。
># どんな人がだ (^^;;;

うーん. Rubyではクラス図じゃなくてコラボレーション図ですべてを表現すべき
か(^^;;; それでも結構無理が...

__
..............................石塚 圭樹@日本ラショナルソフトウェア...
----------------------------------->> e-mail: keiju / rational.com <<---