石橋秀仁です。

> けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

> >石塚さんが OBJECTDAY 2000 で Ruby について講演されるようです.
> > http://www.ogis-ri.co.jp/ObjectDay/

> 羽生田さん達が, RubyとRuby本にある考え方(手軽にOOしようよ)を気に入ってく
> ださって, そういうことになりました.

Rubyにとってはすごいことですね (^^;;

今ってけっこうJavaの黎明期に似ています。
個人でAppletを書くひとが多数でてきたころ、
Javaで業務用アプリケーションを書くなんて、
「そんなバカな」と言われたころ。
専門誌でさえ、そうでしたから。

Rubyにも、「スクリプト言語なんてオモチャだ」
という誤解がありますね。まだ、飛び箱が飛べない。
無知による恐れが勝っている状態でしょう。

# だから啓蒙活動は重要ですね。

Javaの歴史に学べば、Rubyの誤解もいずれ解けると思います。
事例/実績が出てくれば一気に広まる、かな?

# 将来Ruby対応CASEツールがでれば、RADの決定版だと断言できます。
# ROSE for Rubyとか(^^;

> 2番目のUMLから見たRubyがなかなか面白そうかと思っています. Rubyの特異性が
> よくわかる(^^;;;

ちょっとずれているかもしれませんが、
ぼくがUMLを書いてみて感じたこと:

* モジュールはクラスでもインターフェースでもない
実装の共有がある。モジュールは場合により、
インターフェースと多重継承のどちらでも表現できる。
# UMLの「インターフェース」は、Javaに肩入れしてると思う。

* デザインパターンがライブラリ
Ruby本にもあるように、コードを書かなくても
デザインパターンが実装できる。UMLに、デザインパターンの
ための「余計な」クラスを書く必要がない。コメントや
プロトタイプでパターン名に言及するだけで十分だと思う。
だから設計レベルでもクラス図が「汚され」ない。

* Rubyスクリプトの抽象度が設計言語なみに高い
Ruby本にもあるように、細部まで設計する必要がない。
だから設計より分析、要求分析に重点を移すことができる。

  「思いたったらRuby」

という感じで、作りたいものをすぐに実現できるのが嬉しい。

# やっぱ動的プログラミングとオブジェクト指向の組み合わせはすごいす(^^)

--
Hideto "rubyholic" ISHIBASHI