まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-list:21431] Re: [ruby-dev:9436] Re: break from &block"
    on 00/03/15, Masatoshi SEKI <m_seki / mva.biglobe.ne.jp> writes:

|イテレータでないとき、Proc 内で next, redo, break, retry が
|起きたときの挙動について教えて下さい。
|1.4.3で実験したのですが、次のようになります。
|
| next	Procが終了する
| redo	Procのはじめからもう一度実行される
| break	LocalJumpError "break from proc-closure" 例外
| retry	LocalJumpError "retry from proc-closure" 例外
|
|この動作は仕様というか、あてにしても良いでしょうか?

「イテレータでないとき」とはProcオブジェクトがその生成された
コンテキストを越えて使われたとき、と解釈します。つまり、ブロッ
クを与えたメソッドの内部で使われた場合を除くわけです。

その場合、この挙動は仕様です。

|実はdRubyというライブラリでイテレータを真似しようと試みています。
|こんな感じでいいのでしょうか。
|blockはリモート側のブロック引数に対応したproxy(?)です。Procその
|ものではないので yield が使えません。
|
|            result = obj.__send__(msg.intern, *argv) do |*x|
|              catch_retry = false
|              begin
|                block.call(*x)
|              rescue LocalJumpError
|                if $!.message =~ /^retry/	# retry from proc-closure
|                  catch_retry = true
|                elsif $!.message =~ /^break/	# break from proc-closure
|                  break
|		else
|		  # raise $!
|                end
|              end
|              retry if catch_retry		
|            end

うーん、はっきり言って自信は無いのですが、なんとなく問題なさ
そうな気がします。あ、でも、これだとmsgがいつもブロック付き
で呼ばれることになるんじゃ無いんですかね。msgに対応するメソッ
ドが内部で iterator? なんかで条件判断してると正しく動作しな
いかも。

|# あれ? ブロックの脱出の類って break, next, redo, retry だけ
|# 真似できればいいのかしら…。

あとは例外、catch/throwがありますが、これは特に対応しなくて
も良さそうですね。
                                まつもと ゆきひろ /:|)