Toshです。

In message "[ruby-list:21250] Re: opttest.rb of optparse-0.6"
    on 00/03/08, nobu.nakada / nifty.ne.jp <nobu.nakada / nifty.ne.jp> writes:
>> チュートリアルは
>>   : とっても簡単な例を使う。
>>       opttestはちょっと盛りだくさんすぎるのではないかと思います。
>>       OptionParser#onと#on_head, #on_tail, あとはとても簡単な
>>       #acceptの例があって、くらいで。
>
>  opttest は元々その名のとおりテスト用なんで、たしかにサンプルと
>して見たら詰め込みすぎの感もあります。accept はどうなんでしょうか、
>そんなに頻繁に使うものとは思ってなかったんですが。

acceptは・・・そうですね、あまり使いませんね。個人的にはどうしても
使いたくなる機能なんですが。(^^;;
例の一つは"--help"にして、サマリの表示のしかた、がわかるとよいと
思います。

>>   : 手順をStep by Stepで明示。
>>       (1) OptionParser.new
>>       (2) OptionParser#on, ... で初期化
>>       (3) OptionParser#parse で解析
>>     みたいなのを例の前に書いておく。
>> 
>> とかが欲しいです。あまり長くなっちゃうとあれですから、リファレンスと
>> 分けた方がいいかも?
>
>  これは見出しというか、実例の各ステップの解説ってことでしょうか。

各ステップの解説、ですかね。解説っていっても一行程度の文章で十分ですが。
欲しいのは、「OptionParserを何も知らない人でも、この部分と例を参照しながら
ならば、すぐにでも自分のスクリプトに適用できる」ような説明です。
あまり一度に情報が入ってくると混乱してしまうので、この部分は少なすぎる程度
のものしかなくていいと思います。

>> 以上です。多少なりともご参考になれば。
>
>  なりました、大いに。できれば今週中くらいにはなんとか。

がんばってください。

---
Tosh
Toshiro Kuwabara