こんばんは。にゃす@3web です。
すみません。大ちょんぼをかましてました。

私>具体的には、Makefile中
私>    LIBS = -lc -lpisock
私>ではこけて
私>    LIBS = -lpisock -lc
私>だとOKだそうです。

は逆です。
-lcの前に-lpisockがあるとリンカがこけると言うことでした。
申し訳ありません。こんなところ(核心部)でミスるとは...
こういうわけで、FreeBSDの様子がわからないのでした。
あと気になるところが、
「Linuxだと普通に動くextconf.rbが、FreeBSDでは -lオプションの位置でハマる」
という情報です。
私のextconf.rbだけの問題ではないらしい、という点が気になるところでして...

ちなみにlibpisockは、pilot-linkというPalmPilotとの接続を行うライブラリです。

WATANABE> libpisock の中で libc の symbol を参照してる場合は後者にしな
WATANABE> いとまずいです. つまり -l はそういう順番に並べます.

実はこれ、はっきり知りませんでした。
順序くらいはリンカ自身で解決して欲しいような気もしますが、
そうはなってなかったんですね...

懲りずにお付き合いいただければ幸いです...

# ひ〜〜。  すんませーん。

__ 
☆ にゃす @3Web    <nyasu / osk.3web.ne.jp>
★     PGP指紋 24 DC 99 F5 3E 4A C2 07  AA 21 B4 0F 96 60 34 1D
※     公開鍵  http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/pgpkey.html