まつもと ゆきひろ@トヨタケーラムです.

在庫処分の第2弾です.
変数について
--
変数たち

rubyには3種類の変数と1種類の定数,それから疑似変数と呼ばれる
ものが2つある.変数や定数には型が無い.変数に型が無いのは良
いことばかりではないけれど,rubyの目指す「気軽なプログラミン
グ」には向いているようだ.

変数と定数はその名前から区別することができる.これはrubyの特
徴の一つで,変数と定数を名前から区別することができるので,
rubyでは明示的な変数の宣言は必要ないし,変数を見ただけで,そ
の種類が分かる.これはプログラムを書く時には便利だが,タイプ
ミスを発見しにくいという欠点が無いでもない.

変数の種類は変数名の最初の一文字で区別できる.対応は以下のよ
うになっている.

	$		大域変数
	@		インスタンス変数
	小文字		ローカル変数
	大文字		定数

このルールの例外は疑似変数である.疑似変数は外見はローカル変
数と同じだが,実は定数というものである.2つしかないので,間
違えないだろう.

	self		現在のメソッドの実行主体
	nil		「意味が無い」値(偽を表す)

ちょっと見てみよう.

 ruby> self
 main
 ruby> nil
 nil

`main'というのはトップレベルのオブジェクトのことである.メソッ
ドの中ではselfの値は違ったものになる.疑似変数は結局は定数だ
から,`self'や`nil'には代入できない.