わたなべです.

Shugo Maeda <shugo / ruby-lang.org> writes:

:$ ruby
:^D^D
:
:のように(実際には^Dは表示されませんが)、入力が空の時にCtrl+Dを二
:回押す必要があるのはそういうものなのでしょうか。

SunOS4 だと ^D が見えたりしますね.
二回必要なのは '#' を見るために最初に getc, ungetc してるためです.
でも FreeBSD とか Cygwin だと一回で ok だったりで,
OS によって挙動は違うようです.

-- 
わたなべひろふみ