お世話になっております。 A.中村です。

On Sun, 13 Feb 2000 03:27:31 +0900
"okaukio+mls" <jtz4046 / e6.mnx.ne.jp> wrote:

>  申し訳ありません。皆さん方のおっしゃっている起動と言うのは、
> すでに起動しているようです。

ええと、他の方からも指摘がありましたが、
「既に起動している」という言いまわしすら
ものごとを的確に表現できないことになって
しまうのが、現在のpcのos(winとかunixとか
macosとか(笑))の悲しいところです。

というわけで、上記括弧書きの中の(笑)類のosを
使っている限りは、その「実行/起動」という言葉を
一旦脳の中パラダイムシフトして理解し直さないと
どーしようもないんです。
無論俺が作ったわけじゃないんだけど、作った人の替わりに(笑)、
謝っておきます。わかりにくいアーキテクチャにしてしまってゴメンナサイ。
#参考図書:「タオオブオブジェクト」

んでその実態。
「起動している」ってのがまず(今の計算機にとっては:以下同様)曖昧です。
「起動」したあとには当然「終了」が存在するわけですが、
困ったことに、起動したあとそのソフトが「自ら(用が済んだら)
勝手に終了する」ものと「ユーザーに終了しろと言われない限り
いつまでも待っている」ものと、二つの流派のどっちに
今注目しているそのソフトが属しているのか?は、実際にそのソフトに
伺って(説明書に書いてることもありますが)みないとワカンナイんです。

rubyは、特になにもしなければ後者です。
一方winの多くの馴染み有るアプリは、前者です。
まずはこの差(と、その差が曖昧にされちまっているという
世の中の現状を)を理解してください。賛同しなくてもいいですけど(^^;

#これ(後者)を以って「unix系」とか呼ぶのは、ますますものごとを
#的確に表現しないことになっちゃうと思うので、嫌いっす。

つーわけで、「既に起動している」という言いまわしは、
「もう終わってしまっている(つまり前者)」のか
「まだ動き続けている(後者)」のかを全然区別できない
言いまわしということになってしまうため、あんまり役立たないんです。

#現在完了と過去完了、ってのかなあ

>  インストールが終わったら、なにかプロンプトが、出るとか、
>  そう言うことがあると思っていましたので、……。

あ。昔のベーシックのノリを想像してたんでしょうか。
デフォのruby.exeは、たしかにそうじゃないですね。
#irbとか使えばいいんでしたっけ?