有馬です。

"okaukio+mls" <jtz4046 / e6.mnx.ne.jp> wrote

| arima.yasuhiroさんのセットで、インストールは終わったのですが、シェルが
| 起動しません。

使おうとしている OS は Windows98 でしょうか?
使ったことがないので、Windows95 と WindowsNT4 での経験だけで書きます。

「シェルが起動しない」というのは、キーボードからコマンドを入力できる状態に
ならないということを表しているように読みましたがあっていますか?

[Start] ボタン -> [プログラム(P)] -> [MS-DOS プロンプト]/
[コマンドプロンプト]を選ぶことでコマンドシェルを起動します。
Win95 で command.com が、NT4 では cmd.exe が用意されています。

|  Dir コマンドや、Helpコマンドなど Dos ウインドは開くのですが、
| 無視されてします。

「dir や help で DOS ウィンドウが開く」というのは、[Start] ボタン -> 
[ファイル名を指定して実行(R)] のダイアログに dir 等と入力してみたということを
表しているように読みましたがあっていますか?

command または cmd と入力して実行するとコマンドシェルが開きます。

|  マニュアルはUnix用に書かれていて、コマンドラインから起動。
|  と、なっています。

Windows で動作する Ruby もコマンドラインから起動して使用するのが基本です。
# rubyw.exe, Ruby/Tk, RubyWin, Visualu はちょこっとおいときましょう。

|  sygWin1 は、 sygWin1。2000207 をダウンロードして、
|  /System32 にコピーしました。

cygwin1.dll ですよね。名前を間違えると動作しません。
\system32 って Win98 にあるのでしょうか?

ruby.exe は自分自身がおかれているディレクトリに cygwin1.dll が
存在しないと、環境変数 PATH にあるディレクトリを順に探します。
W95 と NT4 では初期状態での環境変数が異なります。W98 や W2K や WME が
どうなってるかは知りません。
環境変数は、コマンドシェルの set コマンドで表示できます。

で、環境変数 PATH に Ruby のあるデイレクトリを追加するのをお勧めします。
rbcw142j.exe の場合、どちらも同じディレクトリに置いています。
ですから、同じディレクトリの cygwin1.dll を先に使おうとするはずです。
ただし、別のプロセスが cygwin1.dll を起動していた場合は不明。
Ruby とは別に cygwin 環境を導入している場合、重複は不幸のもとなので
整理すべきでしょう。

NT4の場合、「マイコンピュータ」のプロパティから、環境変数の編集を行います。
W95の場合、コマンドシェルを開くごとに環境変数を起動時の内容に
戻してしまうため、c:\autoexec.bat に環境変数を追加する操作を行います。
# winset は無視。

なお rbcw142j.exe には、Win95の環境変数の追加設定を行う editpath.rb を
同梱しています。コマンドシェルで ruby.exe のあるディレクトリに移って
ruby editpath.rb を実行することで、カレントディレクトリを PATH に
追加するように autoexec.bat を書き換えます。

C:\WINDOWS>cd \ruby
C:\RUBY>ruby editpath.rb
C:\RUBY>

Win95 を再起動することで、ruby.exe, cygwin1.dll が PATH の上に
存在するようになります。
私の手元では 1.4.3 ですので、以下のような結果が得られます。

C:\WINDOWS>ruby -v
ruby 1.4.3 (1999-12-08) [i386-cygwin]
C:\WINDOWS>

|  質問ばかりで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

うまくいかなかった理由がわかりましたら、ご紹介ください。

--
 有馬 康弘 <fit0298 / fitec.co.jp>