あおきです。

  In mail "[ruby-list:20535] Re: lib/subdirectory"
    gotoken / math.sci.hokudai.ac.jp (GOTO Kentaro) wrote:

> ごとけんです

> そうそう、それです。適当な場所探しが面倒かと。あと、README に
> 書くべき install の手順も楽になるはずです。

これは重要です  ^^;;
ぼくも日本語と英語の両方で全部のライブラリにインストール方法を
書くのが面倒になってスクリプト書いちゃいました。


> >今月の半ばまではちょっとかかれそうにないですね。
> 
> うーん、じゃぁやっちゃいます。だれかやってくれると嬉しいなぁ。

Racc とか TMail で使っている setup.rb というスクリプトは
site_ruby/racc とかにインストールできます。
setup.rb 自体は添付のようになっていて、amstd/inst などがコアです。
拡張モジュールも make にはコンパイルだけやらせておいて、あとから
*.so を探してインストールしています。

インストール先はデフォルトでは

Package/xxx/*.rb         -> RUBYLIB/site_ruby/xxx/*.rb
Package/xxx/yyy/*.so     -> RUBYLIB/site_ruby/ARCH/xxx/*.so

のようにディレクトリを対応させて決まり、これを変えたいときには

$ ruby setup.rb config --rb-dir=~aamine/rubylib   # コンフィグ
$ ruby setup.rb setup                             # make とか
# ruby setup.rb install                           # インストール

のようにオプションを与えます。
まだオプションは少ないですが、増やすのは簡単なので必要なら
--prifix とかも足せます。
-------------------------------------------------------------------
あおきみねろう

# tmail installer $LOAD_PATH.unshift '.' require 'amstd/inst' class TMAILinstaller < Installer def com_setup setup_library 'tmail' setup_library 'racc' into_dir( 'strscan' ) do extconf make end end def com_install %w( amstd tmail racc ).each do |lib| install_library lib end into_dir( 'strscan' ) do make_install end end end TMAILinstaller.execute
よく考えると setup.rb はすごく型があるので eval 系を使って もっと簡単にできるかも。