以前, tcltk-ext による BLT 利用についてお尋ねしたものです.
永井@知能.九工大様より御助言頂き, その後, 勉強・調査しておりましたが,
tcltkext.rb にて動作しましたので, 報告します.
# 過去の内容は,
# [ruby-list:20438], [ruby-list:20440], [ruby-list:20446] を参照下さい.

tcltklib と tcltk-ext のサンプルファイルを参考に,
次のスクリプトにて BLT の利用ができました.
以下は簡単化していますが,
同様の方法で, 他の BLT の命令も利用できています.

#---------ここから
require 'tcltkext'

ip = TclTkInterpreter.new()

#----BLT!!!
ip.setup_libs(['Blt', 'blt24.dll', ['e:/tcltk8.2.0/blt/lib/blt2.4']])

root = ip.rootwidget()
c = ip.commands()
button, pack = c.indexes("button", "pack")

#----barchart!!!
barchart = TclTkLibCommand.new(ip, "blt::barchart")

p barchart
p button
p pack

x = "{ 1 2 3 }"
y = "{ 1 2 3 }"
d1 = TclTkWidget.new(ip, root, barchart)
d1.e("configure -plotbackground black")
d1.e("element create bar","-xdata", x,"-ydata", y)
pack.e(d1)

b1 = TclTkWidget.new(ip, root, button)
b1.e("configure -text dismiss -command exit")
pack.e(b1)

TclTk.mainloop()
#---------ここまで

間違い等ありましたら, 御指摘下さい.
作者の皆様, ありがとうございます.

おときた とおる