とみたです。

File::open() のマニュアルの記述が足りないように思ったので、追加してみま
した。

-- 
とみたまさひろ <tommy / tmtm.org>


*** File.html.org	Wed Nov 24 18:00:07 1999
--- File.html	Sat Jan 29 00:53:04 2000
***************
*** 179,194 ****
  <A NAME="File.open"><CODE>open(<VAR>path</VAR>[, <var>mode</var>])</CODE></A>
  <dd> 
  <dt> 
! <A NAME="File.new"><CODE>new(<VAR>path</VAR>[, <var>mode</var>])</CODE></A>
  <dd> 
  <p>
  <var>path</var>で指定されるファイルをオープンし,ファイルオ
! ブジェクトを返します.<var>mode</var>は<code>"r"</code>,
! <code>"r+"</code>, <code>"w"</code>, <code>"w+"</code>,
! <code>"a"</code>, <code>"a+"</code>のいずれかでファイルのモー
! ドを指定します.<var>mode</var>が省略された時のデフォルトは
  <code>"r"</code>です.
  </p>
  <DT>
  <A NAME="File.readlink"><CODE>readlink(<VAR>path</VAR>)</CODE></A>
  <DD>
--- 179,216 ----
  <A NAME="File.open"><CODE>open(<VAR>path</VAR>[, <var>mode</var>])</CODE></A>
  <dd> 
  <dt> 
! <A NAME="File.new"><CODE>new(<VAR>path</VAR>[, <var>mode</var> [, <var>perm</var>]])</CODE></A>
  <dd> 
  <p>
  <var>path</var>で指定されるファイルをオープンし,ファイルオ
! ブジェクトを返します.
! </p>
! <p>
! <var>mode</var>が文字列の場合、<samp>fopen(3)</samp>のよう
! に<code>"r"</code>, <code>"r+"</code>, <code>"w"</code>,
! <code>"w+"</code>, <code>"a"</code>, <code>"a+"</code>のい
! ずれかでファイルのモードを指定します.<var>perm</var>は無視
! されます.<var>mode</var>が省略された時のデフォルトは
  <code>"r"</code>です.
  </p>
+ <p>
+ <var>mode</var>が整数の場合、<samp>open(2)</samp>の第2引数
+ と同様に<code>RDONLY</code>, <code>WRONLY</code>,
+ <code>RDWR</code>のいずれかでファイルのモードを指定します.
+ さらに<code>APPEND</code>, <code>CREAT</code>,
+ <code>EXCL</code>, <code>NONBLOCK</code>,
+ <code>TRUNC</code>, <code>NOCTTY</code>,
+ <code>BINARY</code>を一つ以上<code>|</code>でOR結合すること
+ で属性を指定することができます. <var>perm</var>は
+ <samp>open(2)</samp>の第3引数と同じく、<code>CREAT</code>時
+ のファイルのアクセス権を整数で指定します.
+ </p>
+ <p>
+ ブロックを指定して呼び出した場合は、ファイルオブジェクトを
+ 引数としてブロックを実行します.ブロックの実行が終了すると、
+ ファイルは自動的にクローズされます.
+ </p>
+ 
  <DT>
  <A NAME="File.readlink"><CODE>readlink(<VAR>path</VAR>)</CODE></A>
  <DD>