荻野です。

ご返事を下された方々、どうもありがとうございました。

ちょっとコメント印付きで書いたように RCPT TO: に 250 が返ってきてもあ
てにならないということは承知しております。私のメールアドレスのサーバか
らしてそうですし。(EXPN には 502、VRFY には 252 を返しています。)

もっと良い方法があれば良いのですが、現状で取りうる手段として受付時に
チェックする方法として実現可能な範囲で最善の手段を探しているわけです。
(どっちにしろ、存在する他人のアドレスを書かれたら識別の方法はありませ
んでしょうし) 最後はメールを出して確認するしかないとは思います。


[考えているCGIの動作]

1) メールアドレスを含むPOSTの受付
2) メールアドレスの可能な範囲でのチェックとその他記入事項の確認

3) POSTされた内容の表示とメッセージ「以上の内容でよければ SUBMIT ボタ
   ンを押して下さい。登録された内容はメールで配送されますので再度確認
   してください。」

4) メールで「メールアドレス xxx / yyy.zzz の名前で....という内容が登録さ
   れました。登録に心当たりのない方は至急...までご連絡ください。」と通
   知する

5) エラーメールなどを人間が確認して登録を修正する


あと、対象者が学内や他の大学関係者ばかりなのでそんなに防火壁などもない
かな、と当て込んでいます。

幾人かの方は UDP から DNS へのモジュールを書かれているようですが、一般
的に使用できるように公開されたものはなさそうですね。

また外部コマンドの終了ステータスは $? で得られるわけですね。でも最後っ
ていつなんでしょうか。Open3 を使っている場合は3つ全部を close し終わっ
た順? 今度試してみます。



At Mon, 24 Jan 2000 00:11:21 +0900,
matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) wrote:

> あれは書き方まずかったですかねえ。どのように修正するのが一番
> 良いのかすぐにはわかりませんが。分かりやすい文章を書くと言う
> ことは難しいですね。

とりあえずということであれば、*印をつけておいて脚注に「オブジェクトに
変更がない場合には返り値は nil となります。」とでも書いておくだけでも
ずいぶんちがうと思いますので、ご検討ください。


> それはそれとして「ミニ」よりはましな「デスクトップリファレン
> ス」を出版したいなあ、という構想はあるのです。

それにはぜひデバッガの使い方も載せてください。デバッガの使い方は Perl 
のそれと似ているようですが help コマンドは使えないようですし。どこかに
解説した文章がありますでしょうか。

-- 
荻野 充 (おぎの みつる) ... 「萩(はぎ)」にあらず
名古屋大学消費生活協同組合