けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

In [ruby-list :19752 ] the message: "[ruby-list:19752] Re: [PROPOSAL]
Reimplement 'blade' (Re: ruby-list =?ISO-2022-JP? B??= の過去ログの作り
方) ", on Dec/21 01:06(JST) Shin-ichiro Hara writes:

>原です。

>|一案を。今のbladeのソースから、正式な仕様書をおこして(リバース
>|エンジニアリング)下さいませんか。その仕様書をもとに、たとえば
>|ユースケース主導のUnified Processのような開発プロセスで、
>|ユースケース/分析/設計/組み立て(実装)を、みんなで分担しませんか。
>
>なるほど、そういう過程を見たいです。こうなるとこの Ruby ソースが汚いの
>が逆に功を奏するかもしれない。ただ私は UML もデザインパターンも知らな
>いので(大変興味がありますが)、ちょっと荷が勝ちます。

UP(USDP)といえば, 私の出番かな? と思わないでもないですが...

# 仕事で普段やっていると, こういうことを趣味ではあまりやりたくないなと思
# うのが実情だったりします(^^;;;

Unified Software Development Processの訳書ももうすぐ出ますし, それをベー
スにやることは可能でしょう. 

# あと, Ruby本もある程度参考になるかな? UP(RUP)について一番わかりやすく
# 書いてある本だと言ってくれている人もいます.

ただ, Ruby本でも書きましたが, Rubyでの開発(かつ趣味でやるのに)でUPにしろ
RUPにしろをバカ正直に適用するのは, 手間はかかるし無駄はあるしであまりよ
い選択ではないと思っています.

# 本来だったら, UPのリアライズプロセスであるRUP(Rational Unified
# Process)とそのプロセスメタモデル(UPM)をベースにRuby開発に向いたプロセ
# ス実装を行ない, それに基づいて開発を行なうのがよいのですが. そうなると, 
# 元の話と全然ちがくなってしまいますね(^^;;;
__
..............................石塚 圭樹@日本ラショナルソフトウェア...
----------------------------------->> e-mail: keiju / rational.com <<---