石橋秀仁です。

At Thu, 16 Dec 1999 17:28:31 +0900
  "Hideaki Takata" <hideakit / d3.dion.ne.jp> wrote:

> interfaceよりも柔らかい「作法の共有」ってのも、ありうるのでは?
> Mixinを、interface的に使うとか。
> たとえば、xxxInterfaceとか言う名前のMixinを混ぜるとそのクラスは
> ある特定のメソッドが期待通りに実装されているものと期待してもよいとか
> 名前を使った紳士協定。
> 
> それか、委譲に近いニュアンスで考えても良いかもしれない。

JavaのRunnable を Mixin して、method run() を上書き実装する、
というのがそれでは?  委譲というと  delegation  という単語を
想像しますが、むしろ GoF の Template Method だと思います。

> あるいは、特定の命名規則に従っているなら、
> ある特定のお仕事をできると考えて良
> いとか。

Java の interface の Runnable とか、Serializable とかが、それでは?
# 気分的には、むしろ SerializEDable ですが

Hideto ISHIBASHI <http://vip.cis.kurume-nct.ac.jp/%7Es34204/>