なひです.

> From: 中村暁史 Nakamura Akifumi [mailto:BXQ04723 / nifty.ne.jp]
> Sent: Thursday, December 16, 1999 12:43 AM

> moduleのincludeって、クラスの継承関係への「挿入」なので、
> #っていう説明は本の後ろでしたっけね(^^;
> superしとかないと親クラスの同名メソッドをブロックしちゃう
> 恐れがあるんで、意地悪したいときでなければ(笑)superする
> ほうがいいかなと思います。

includeされたクラスの親クラスに
同名のメソッドが無い場合はエラーになりますが,
それはrescueする?

> 新規の機能の追加であることが「判りきっている」ときは
> moduleにsuperなぞ要らないですが、

namespaceもしくは
実装の共有(C++のtemplate method)としてしか
moduleを使ったことが無いので,よく理解できてないのかも.
Ruby本後半をとっとと読むべきか.^^;

--
NaHi, nakahiro, a.k.a. NAKAMURA, Hiroshi
http://www.sarion.com  Sarion Systems Research