なひです.

> From: Itou-T15 / mail.dnp.co.jp [mailto:Itou-T15 / mail.dnp.co.jp]
> Sent: Thursday, December 16, 1999 12:15 PM

> ClipboardのイメージはVariantでvolatile な
> 環境変数(システムプロパティ)でしょうか。

「標準的な型を持っていて,『serverが』複数の型のデータを登録でき,
  『clientが』そのうち1つの型を選んで取得できる」
というニュアンスも欲しいです.
もちろんwin32での機能にすり合わせる必要はないのですが,
win32のClipboardで何が嬉しいって,この点のような気がする.

# MFCだとドラッグ&ドロップにも同様のインタフェイスを持たせてますね
# (いっしょくたになっている).
# ドロップ先に応じてTSVになったりExcelのcellオブジェクトになったり.

> オブジェクトXをオブジェクトYとして扱えるようにする経路が
> ある時、自動推定みたいなことはできるか?型変換のように明示
> しないとダメでしょう。経路が短くとも
> InputTextStream(String(CF_TEXT(Clipboard)))

型によるbindingができないので,やはり「CF_TEXTをくれ」とか
「CF_DIBをくれ」とか「CF_RUBYOBJECTをくれ」とか,
どこかに明示的に指定しないといけないですよね...

型ごとに別オブジェクトにすると,openとcloseが頻繁に起こって面倒.
引数追加だとFile他IOとの相性が悪い.

# というのが[ruby-list:19479].

どうしたものか.