>「このオブジェクトはStreamableか?」と問う、ということを
>どう捉えたものか…と。です。

ClipboardのイメージはVariantでvolatile な
環境変数(システムプロパティ)でしょうか。

それはともかく、
Ruby入力にClipboardを指定したい時
"特殊ファイル名文字列"??>Clipboard=>String->TextStream->read
普通では
"一般ファイル名文字列"??>Fileオブジェ->IOオブジェクトー>read
手順が違いすぎてまとめられるかな?

オブジェクトXをオブジェクトYとして扱えるようにする経路が
ある時、自動推定みたいなことはできるか?型変換のように明示
しないとダメでしょう。経路が短くとも
InputTextStream(String(CF_TEXT(Clipboard)))
それともXというオブジェクトがHというインターフェイスを
「持ち得るようにする経路」のグラフのDBを作ればできるか?
Textでread可能になる物のDB
1:ファイル名文字列{FileからIOを作れ}
2:Clipboard{Stringで受けてTextStreamを作れ}
3:socket{....}
4:何かのメッセージ通信{...}

でも、OSが調整しているstdinみたいなのもあるのだから
Clipboardもどこかで調整してほしい。
当分adhocな対応しか無いんでしょうね。

●