Wed, 15 Dec 1999 00:39:39 +0900 頃の
   Mail-Count: 19501
      Subject: [ruby-list:19501] Re: Ruby Application Archive   
についてのお話にて Yukihiro Matsumoto さん曰く… 
(Y == matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) さん)

In article 19501, <E11xtyH-0006b1-00 / ev.netlab.co.jp>
Y> もうちょっとこの「CVS環境を提供」について具体的に聞かせても
Y> らえませんか? たとえば今でもいくつかのプロジェクトはうちの
Y> CVSサーバ(元やまださんのもの)に登録してありますが、一般には
Y> コミットは許してません。

はい. 

Y> これを一般からもコミットできるような状態にするってこと?
Y> それとももっとたくさん登録してもっとたくさんcommiterを作るっ
Y> てこと?

そうですね. 

運用のやり方はいろいろあると思うのですが
もっとがんがん CVS につっこんでしまって
commiter もがんがんふやすとかですかね. 
(とはいえ semi みたくなるのはアレなんでしょうし)
パッケージに応じて commiter を切り替えるとか
考えなくてはならないのかもしれませんが. 

たとえば(適切な例かどうかわかりませんが)
http://www.linux.or.jp/{,rc5,JF,JM}, http://jla.linux.or.jp/ は
1 つのホストでそれぞれのプロジェクト毎に commiter を設定できるようにして
CVS での編集を行っています. そういった形にすれば
ある程度気軽に commiter をふやせるのかな, と. 

たとえば, わたしには GD のコードに対する 
patch を作ることはできませんが(これは例です ;-)
ruby-list などに流れる patch とそれへの反応を見て
GD の CVS に更新をかけてゆくことはできると思うのです. 
で, そういった状態のものに標準的な 
cvs export->tar->gz なスクリプトあたりを作っておいて… といったような. 

どうでしょうか? イメージ伝わりましたでしょうか. 

-- 

 やまだ あきら <URL:http://arika.org/>
 (akira / arika.org or akira / nurs.or.jp)