クリップボードI/O はたいていファイルI/Oの様に抽象化されていないが
その理由は何ですか?
需要が無いから、メモリー領域を直接渡すのは抽象化できない?

エディタの選択範囲をcopyしてRuby実行とか。
XMLの1件分をcopyしてXMLパーサー検査を起動するとか。

選択範囲を一時ファイルに書いてexecするエディタマクロを
書くのはいいのだが、どうせメモリーに入っていたのだから。

クリップボードI/Oを 特殊ファイル名扱いで処理できませんか?