お世話になっております。A.中村です。

PocketBSD用の画面描画とかGUIとかの標準的(?)ライブラリである
「MGL」の、拡張ライブラリを修正しました。
これで(間違いが無ければ(笑))、いつもポケットに紅玉で
GUI^H^H^H画面(弱気(笑))いじりっこができます。わーい。

Check_TYpe(笑)の修正、
ts_scrollの封印(の完全化)、
get_key_selectなんてアリもしないものの削除、

それから
key_selectは良く見たら実装が面倒(笑)そうだったんで、
rubyに元よりあるIO::selectメソッドで十分じゃないの?と
お茶を濁して(笑)key_selectは封印、

それから
write_screen_xpmっぽい文字列を与えたらmemscreenを生成する
str2screen関数を作成、

なんてのが前回からの変更点です。

あ。あと、
mgldemo.cをナニも考えずに(笑)RubyMglに移植した、mgldemo.rb
なんてのもオマケです。

http://member.nifty.ne.jp/guion/SOFT/INDEX.HTM#rubymgl
http://member.nifty.ne.jp/guion/SOFT/rubymgl_991205.tar.gz