最近なぜか C++ コードを読む羽目になっている、
中村 のりつぐ です。(LSI屋さんのはずなのに)

In article <E11s52p-0006uO-00 / ev.netlab.co.jp> 
matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) wrote:
> Perl, Python, Java, Tclにはそれぞれ例外があります。

Perl にもあるんですね。全く使ったことなし (^^;

> |「Ruby は $ や @ や大文字、小文字でスコープ?の区別を行う」
> 
> こっちの方が正確なのですが、これだけ書いて利点だと理解できる
> 人は少なそうなので。

比較のページで「特徴」(というか大きな違い)を
書いているのか、「利点」を書いているのか
ちょっと混乱します〜

> えーと、これは
> 
>   * Tclのマッチはワイルドカードマッチ(もある)
>   * 正規表現マッチの文法が妙
> 
> のいずれでしょう? 前者はむしろTclの方が機能が多いわけですし、
> 後者はTclの文法そのものが妙なせいですし。

後者の方だと思います。結局慣れの問題という…

シェル使いの人にとっては Tcl への違和感は無いのかなあ?
と常々思ってしまいます。Tcl の特徴として紹介される
「シンプルな文法」というのにいつもひっかかってしまいます。
シンプル != 使いやすい だから。


以前の比較のページも見たい…
(改めて比較するために)

       中村 典嗣  E-mail:     nnakamur / mxq.mesh.ne.jp