たけうちです。

> 最近ようやっとeRubyを使いはじめました。

咳さんが最初に Tiny eRuby をリリースなさった頃、少し使わせていた
だいてました。 _o_

> なひ さんもおっしゃっていましたが、静的なページの生成にも便利ですよね。
> indexのページにリンク先の更新日を挿入したりとか、
> 実験データからページ作ったりとか …。

静的なページ…わたし静的の意味をよくわかってないですけれど、そう
ですね、そういう場合にも手軽で嬉しいです。

わたしが CGI を書いているときに気になるのは、プログラムのなかに 
HTML を文字列リテラルでだらだらと書かなくちゃいけないことなんです。 
書くだけならまだガマンするんですが直す時はすごく鬱陶しい。HTML を
直すなら HTML だけを見たいです。そういう理由で以前 PHP/FI を使っ
ていましたが、言語がアレではどうにもなりませんでした。

eRuby を使う最大の利点は、HTML オーサリングツールで編集できること
にあると思います。eRuby の <%code_fragment%> の形式は、IIS の ASP 
の形式と同じなので、ASP を認識してくれるオーサリングツールなら eRuby 
を直接編集できます。わたしは普段 Macromedia の Dreamweaver という
オーサリングツールを使っているのですが、普通の CGI では面倒すぎて
書けない JavaScript もスタイルシートも遠慮なく使えます。全部オー
サリングツールまかせです。動的な部分は Ruby で書けて、それ以外は
オーサリングツールで編集できるなんて、ラクすぎて涙が出ます。←大げさ

>     : erubyがコマンド名でeRubyが言語名じゃないんでしょうか?
>     : # 違うかな?
> 
> なるほど言語名ですね。
> 私もそんな感じで使い分けてます。

わ、そうですか。すみません、わたしの言ったのは逆でしたね。(^_^;)

--
たけうちかほり
take-k / secom-sis.co.jp