えぐち@エスアンドイー です。

>>> In message [ruby-list:18658] Re: [book] $*, etc.
    On Wed, 17 Nov 1999 00:01:04 +0900, matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto) said:

matz> まつもと ゆきひろです
matz> 
matz> In message "[ruby-list:18653] Re: [book] $*, etc."
matz>     on 99/11/16, EGUCHI Osamu <eguchi / shizuokanet.ne.jp> writes:
matz> 
matz> |	M = a
matz> |	M = b
matz> |
matz> |ならどうなるか?、とおもったのですが、、
matz> |
matz> |  % ruby x.rb 
matz> |  x.rb:5: warning: already initialized constant M
matz> |  ["", 67582684]
matz> |  ["M", 67582664]
matz> |
matz> |なんですね。
matz> 
matz> 匿名クラスの名前を必要としたタイミングでスキャンしますので、
matz> 最初のクラスはもうMにバインドされていませんから名前がつきま
matz> せん。

なるほど、
  同じ名前のクラスが2つ出来る
と言う事は避けられているわけですね。(当り前だって ^^;;)

Ruby の *動的* な部分は奥が深いですね、
で、Ruby の特徴の多くが動的なので Ruby は奥が深いです。

	えぐち