おはようございます。たけうちです。

昨日のメール、間違いだらけではずかしいです。フィルタモードじゃなく
てノーヘッダ、Location: のあとは absolute URI ですね。失礼しました。

> <%
>   rescue
>     print "Location: http://foo.or.jp/error.html\n"
>   end
> %>

自分でもやっといてナンですけれども、header 文字列をただ print する
だけだと、どうしても body 文字列と混じることになってしまうような気
がします。

body 情報は eruby 内部に溜めてあるんですよね。eruby のメソッド(?) 
かなにかに、「ヘッダを出力する」というのを用意するというのでは如何
でしょうか? そのメソッドが呼ばれたら、body が溜めてあるバッファと
は別のバッファに溜めておくような。それで、最後の出力のときに、
header バッファを body より 先に出すというのでは?

--
たけうちかほり
take-k / secom-sis.co.jp