豊福です。

  ruby本で気づいた誤字、気になる点などの報告その3です。

p.429 中頃
  「それらの部品を Ruby スクリプトで張り合わせて」
  => 「貼り合わせて」

p.433 下
  (z_real * z_image) + (z_image * z_real)
  =>
  もちろん間違いではないけれど
  2 * z_real * z_image
  でいいような気が。

p.457 上の表
  rb_str_cat(VALUE, char*, int.);  文字列に追加
  rb_str_concat(VALUE, VALUE);     文字列を追加
  =>
  説明文だけだと違いがよくわかないのですが、多分
  char*, int か VALUE かが本質的な違いなんですね。

p.465 下のコード
  VALUE pre_buffer(..., buf, ...)
  {
    ...
    rb_hash_aset(rb_buf_list, name, obj);
  =>
  obj と buf の関係が書いてない。

p.466 上のコード
  static VALUE buffer_delete(VALUE obj)
  {
    ...
    rb_funcall(..., rb_str_new2(buf->name));
  =>
  同上

p.477 中頃
  「今後は使われていることによって」
  =>
  「使われていくことによって」?

p.478 中頃
  「今後はこれらのドキュメントの強化して」
  =>
  「ドキュメントを強化して」

以上です。
---
                        豊福
                        toyofuku / juice.or.jp