しろやまです。

#本日はおーぷんそーすまつりでたのしうございました。
# ruby本にもサイン頂きましたし・・・(^^;)

非常に遅いフォローですが ...

In arricle [ruby-list:17265] ruby-1.4.2 NeXT Port,
Noriyuki Okamoto <okamoto / ish.ic.kanagawa-it.ac.jp> said...
>
>   ruby-1.4.2 の NeXT 用の Package を作成しました。
>
>   
http://www.ish.ic.kanagawa-it.ac.jp/~okamoto/ruby-1.4.2-nextstep3.N.tar.gz
>
>  です。NEXTSTEP3 用で、m68k 専用です(マルチバイナリの作り方を知らない
>  ので、 m68k Only です(^^;))。
>
>   make test は正常に終ったので、問題はないとは思いますが、
>  ちゃんとチェックした訳ではないので(^^;)、「一応」という事で。
>

さきになさってた方がいらっしゃったか(^^;)
# 無造作に作って、 [ruby-list:18406] でああしてしまい
# ましたけど・・・悪い事をしました、すみません。

ええっと、MABの作り方は

setenv TARGET_ARCHS "m68k i386 hppa sparc"
./configure --enable-fat-binary

で、特にいじることなくFATなrubyが作れます。
# 一般的な意味では、 ccの引き数に -arch m68k -arch i386...っと
# 必要な分だけ重ねれば一発でFATバイナリを作ってくれます。
# ただし、ライブラリ作成にarを使えない(代わりに ldを使う)、
# cc -E時に -archがあるとハマるなどのところを気を付ける
# 必要はありますが・・・

( 実はMacOS X Server1.0でも同様の手段で ppc, i386のFATバイナリ
  が作れます・・・が、System.frameworkの下の共有ライブラリが置き
  換えられてしまう都合上 1.0-1, 1.0-2などのパッチが当たった MacOS
  X Serverではi386はmakeできません・・って、for Intelなんて誰も持
  って無いか(^^;) )

おかもとさんが対応されたので無ければ、 ptyが正常に動かないはず
です。また、数か所パッチを当てる必要があったと思うのですが、
いかがされました??

---
SHIROYAMA Takayuki : psi / fortune.nest.or.jp
PS: 正直、NeXTでrubyな方がいらっしゃったというのは非常に嬉し
      かったりします・・・